妊婦の朝ごはんや間食にパンはNG?トーストはどうなの?

スポンサーリンク

妊婦さんの朝ごはんや間食に

パンを食べてもいいんでしょうか?

 

やっぱり妊娠中だと、

食べるものにやたらと気を遣ってしまいますよね…。

 

やっぱりパン食はカロリーを摂取しやすいからNG?

 

でもパンが好きだとやっぱり食べたくなりますよね。

 

ということで今回は、

妊婦さんの朝ごはんや間食にパンはOKなのか、それともNGなのか、

詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

妊婦の朝食。トーストは食べてもいいの?

 

 

新婦さんの朝食で、トーストを食べても大丈夫ですよ!

 

ただし、チョコクリームやマーガリンやピーナッツバターなど、

高カロリーのものをたくさん塗って食べたり、

朝ごはんに何枚もトーストを食べるのはNGです。

 

カロリーの過剰摂取になってしまい、

体重が増え過ぎてしまうことに繋がってしまうので、

くれぐれも食べ過ぎや、カロリーの高いものを塗って食べる、

という点には注意しましょう。

 

また、基本的にトースト1枚であれば食べても全然問題ないですが、

極力は栄養をバランスよく摂取した方が良いので、

サラダや具沢山のスープ、卵料理などを一緒に食べたりすると良いでしょう。

 

やっぱり妊婦さんには、バランスのいい栄養が必要なんですよね。

 

そのため、出来るだけ食事は

バランスよく摂ることを心掛けていきましょう。

 

でも、朝ごはんに色々な料理を作るのが大変なのでしたら、

トースト1枚だけで済ませてもOKですよ。

 

代わりに、他の食事の際は、

栄養をバランスよく摂るようにしていきましょう。

 

そうすれば、朝ごはんに

無理やり栄養バランスの良い食事を用意しなくても大丈夫です。

 

お腹の中の赤ちゃんのためにもぜひ、

トーストを食べるだけでなく、栄養もしっかり摂取していってくださいね!

 

スポンサーリンク

妊婦さんが間食にパンを食べても大丈夫?

 

 

妊婦さんは、間食にパンを食べても大丈夫ですよ!

 

ただし、カロリーの高い菓子パンを選ぶのはNG!

 

間食として頻繁に高カロリーの菓子パンを食べてしまうと、

栄養が偏るだけでなく、肥満に繋がってしまうこともあるので、

くれぐれも注意が必要なんですよね。

 

では、どんなパンが間食に向いているかというと、

ライ麦パンやシンプルなバゲット、もしくは食パンなどですね。

 

特にライ麦パンには食物繊維だけでなく、

ビタミンやミネラルなど栄養も豊富なので、

妊婦さんが食べるのにとっても適しているんですよ!

 

反対に食べない方が良いパンは、

先ほども紹介したように高カロリーの菓子パン、そしてクロワッサンですね。

 

クロワッサンも一見シンプルなパンのように思えますが、

原料にバターをたくさん使っているため、実は意外とハイカロリーなんです…。

 

そのため、妊婦さんはできるだけ食べないようにしましょう。

 

また、パンを食べるなら、

スーパーやコンビニで売っているようなパンよりも、

ベーカリーのパンを間食に食べるようにしましょう。

 

ベーカリーのパンは、

保存料や添加物などが使われていないものばかりですので、

より安心して食べることが出来ますよ!

 

妊婦さんは、間食に食べるパン選びも、

慎重になった方が良いんですね!

 

そういえば私の友人も、

妊娠中は菓子パンなどをあまり食べないようにしていました。

 

スーパーやコンビニの菓子パンは特にカロリーが高いので、

出来る限り食べないようにしていきましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

妊婦さんの朝ごはんにトーストなどパンを食べるのはOKですが、

ピーナツバターなどカロリーの高いものを塗ったり、何枚も食べたりするのはNGですよ。

 

また、間食にパンを食べるのでしたら、

ライ麦パンやバケット、食パンなどのシンプルなパンを選びましょう。

 

反対に、菓子パンやクロワッサンは食べない方がいいパンです。

 

特に工場で大量生産されているパンは、添加物も多いので、

なるべくはパンはベーカリーで買ったものを食べるようにすると良いですよ!

タイトルとURLをコピーしました