庭にある落ち葉、そのまま放置するとどうなる?埋めるのがベスト?

スポンサーリンク

秋と言えば街中の葉も色づきとても風情がありますよね。

 

道を歩いていると、

綺麗に色づいている木々があるお庭も見受けられます。

 

見ているだけなら「綺麗だな〜」なんて、のんきに思っていられますが、

実際にお庭を持っている家庭にとっては、

大変な時期でもあるのではないでしょうか?

 

ここでは落ち葉を放置するとどうなるのか、

また、処理するにはどうしたら良いのかをご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

落ち葉を放置するとどうなるの?

 

 

腐葉土を作るために、

わざとお庭に落ち葉を放置しているという方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

腐葉土には栄養分も豊富ですから、

お庭の植物たちにとってもいいことだらけのように感じますよね?

 

実際にはどうなのでしょうか?

 

  • 害虫の住処になる

自然に腐葉土になるまでには、少なくとも数年はかかります。

 

落ち葉を餌にする虫もいますし、

落ち葉は適度に湿気を含んでいるため、

虫たちにとっては最高に住みやすい環境と言えるのです。

 

エサとなるものがあり、湿気もあり

さらには天敵からも身を守れるとなれば、

自分が虫の立場になって考えると住まない手はないですよね。

 

もちろん、落ち葉を餌にする虫の全てが悪い虫ではないのですが、

落ち葉を食べる虫の中にはシロアリもいますので、

住処にされてしまうと、家屋の被害へと発展してしまう可能性があります。

 

  • 雨樋がつまる

落ち葉は、地面にだけ溜まるわけではありません。

 

高い木から落ちる場合は、

雨樋にたまってしまう可能性もあるのです。

 

雨樋にたまった落ち葉をそのまま放置しておくと、

詰まってしまい排水障害を起こしてしまうのです。

 

雨樋が機能しなくなると、

雨漏りの原因や水はねによる住宅トラブルに繋がってしまいます。

 

  • 近隣住民とのトラブル

自分の家の庭にたまるだけならまだいいのですが、

風によって近隣の敷地に落ち葉が飛んでいってしまったり、

雨に濡れた落ち葉が腐敗して、悪臭を放つこともあります。

 

これも立派な迷惑行為になるのです。

 

たかが落ち葉といえど、

意外にもリスクやデメリットがあるので、

腐葉土を作る際や、落ち葉が増えてきた時などは

十分な注意が必要と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

落ち葉を掃除するための道具は何がある?

 

 

上で書いたことが、

すべて近隣とのトラブルに発展してしまう可能性もあります。

 

落ち葉を放置していてもデメリットが多いので、

こまめにお掃除をすることをオススメします。

 

では、どのような掃除道具があるのでしょうか?

 

  • 竹箒(たけぼうき)

名前の通り、竹でできたほうきです。

 

普通のほうきで落ち葉を集めようとすると、

毛が柔らかくサイズが小さいため、

多くの落ち葉を掃ききるのに時間がかかってしまいます。

 

竹箒は毛が硬くしっかりしているので、

濡れた落ち葉も掃ききることができるのです。

 

サイズが大きいため、

落ち葉を大量に一箇所へ集めるのに適しています。

 

地面に対して柄を斜め45度にすると、

使える毛の範囲が広がり、一度にたくさん落ち葉を集めることができます。

 

その反面、細かい作業には向いていないので

仕上げには普通のほうきを使う事をオススメします。

 

  • 熊手

熊手は、土の上や柔らかい地面に落ちた落ち葉を

集めるのに適しています。

 

竹箒は固いコンクリート向けなので、

土の上で竹箒を使用すると土も一緒に集めてしまうので、

効率的ではありません。

 

熊手は、土の中に入り込んだ枯葉も集めることができます。

 

熊手の隙間から土が逃げていくので、

落ち葉だけを一気に集められます。

 

  • ブロワー

風を出して落ち葉を飛ばす道具です。

 

軽くて乾いたものを集めるのに適しています。

 

主に、砂利や庭の土を舞い上げずに掃除できるのが便利ですよね。

 

植木と植木の間や狭い隙間など、

ほうきでは掃除しにくい場所に使うのが有効的です。

 

コードレスもあり、様々な種類のブロワーがありますが、

値段が高いのがネックです。

 

ここで効率的な掃除方法をご紹介します。

 

  • ブロワーで狭いところの落ち葉を飛ばして広いところに集める

 

  • 竹箒(熊手)で一気に集める

※この時、壁際に集めると、風が吹いても

集めた落ち葉がバラバラにならずにすみますよ。

 

  • 箕やちりとりで取り、ゴミ袋に入れる

 

  • 普通のほうきで細かいゴミを取る

 

落ち葉は、各自治体で決められているゴミ袋に入れて

燃えるゴミの日に出すのが一般的です。

 

ただ、毎日落ち葉は降ってきますので、

落ち葉がたまりすぎてしまう場合は

ゴミ収集場に直接持っていくのもいいでしょう。

 

料金がかかる場合もありますので、

お近くの自治体に問い合わせをしてから

行くのをオススメします。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

庭を持っている家庭にしかわからない悩みですが、

1日1回でも掃除することで、

害虫の発生やご近所トラブルを防ぐことができます。

 

ぜひ、参考にしていただき、

やりやすい方法を見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました