次亜塩素酸水は気化式加湿器に入れても大丈夫?

スポンサーリンク

除菌に有効だとして、次亜塩素酸水をよく耳にしました。

 

除菌に効果があるため、

市町村で無料配布をしているところもありましたよね。

 

まだまだ除菌が心配なこの時期。

当分は使用が続きそうです。

 

また、乾燥も気になるから、気化式加湿器も使いたい。

 

除菌するのに次亜塩素酸水は有効なら、気化式加湿機に使用できないか。

 

潤いと除菌を一気に叶えてくれますからね!

 

でも…本当に大丈夫?

 

気になるので調べてみました。

 

スポンサーリンク

次亜塩素酸水は気化式加湿器に入れても大丈夫?

 

 

まず、次亜塩素酸水ですが、こちらの主な使い道は以下の通りです。

 

  • ウィルス対策
  • 除菌と消臭
  • アレル物質の除去

 

スプレーボトルなどにいれれば、

簡単に身の周りの除菌ができるので、とても便利。

 

また、消臭効果があるのもいいですよね。

 

次亜塩素酸水の使用を推奨していたのは、安全性が理由でもあります。

 

赤ちゃんや高齢者やペットがいても平気、というのは安心ですよね。

 

ただ、次亜塩素酸水は、光と熱に弱いので長期保存はできません。

 

さて、気になる気化式加湿器に入れてもいいのかどうかですが…。

 

次亜塩素酸水には、加湿器で使用できる物とできない物があります。

 

つまり、使用できるかどうかを確認することが重要です。

 

また、加湿器も同じです。

 

ただ、どんな次亜塩素酸水でも加熱式加湿器には使用不可です。

 

何故かというと、

次亜塩素酸水は熱に弱いので効果がなくなってしまうからです。

 

この理由から、気化式加湿器には使用可能で、

また、超音波式の加湿器も大丈夫ですね。

 

ただし、問題は、

次亜塩素酸水を使用することで金属が錆びやすくなることです。

 

性質上、仕方ないのですが、加湿器の素材を確認してくださいね。

 

また、塩素なので塩害が起こり、

気化式ならフィルターに塩が残ります。

 

こちらは塩水を乾かすと塩が残りますよね。

同じ原理です。

 

超音波式も同じですが、

水道水で3~5倍に希釈すると被害が少なくなります。

 

気化式、超音波タイプの加湿器は、次亜塩素酸水を使用可能と書きました。

 

ですが、加湿器メーカーから注意喚起を行っているところもあります。

 

例としては、ダイニチ工業がそうです。

 

こちらは、自社製品では使用しないでほしいとHP上でお願いしています。

 

一度自分の使っている加湿器が、メーカーのHPなどを確認する事も大切ですね。

 

公式HPで注意されているのにも関わらず、使用するのは自己責任になります。

 

保証期間であっても、修理の対象外になる可能性がありますからね。

 

スポンサーリンク

次亜塩素酸水を加湿器に入れる量はどれぐらいならOK?

 

 

では、使用できるものの場合、どのくらいの量を入れたらいいのか、

気になりますよね。

 

加湿器に使用する最適濃度は50ppm

 

もし、入手した次亜塩素酸水が、それよりも濃度が高いなら希釈してください。

 

消毒効果があり注目されている次亜塩素酸水。

 

赤ちゃん、ペット、高齢者がいても大丈夫な安全性が魅力でした。

 

話題になり、多くの方が気になったと思います。

 

作り方もネットにて公開されています。

 

大量に消費するなら、購入するよりも良いと考えるのは当然です。

 

ただ、そのネットの情報が本当に正しいのかどうか、必ず確認してください。

 

なぜなら、間違った方法で作ったものだと人体に影響を及ぼすからです。

 

安全だと言っているものは、濃度がしっかりと守られているものです。

 

量や濃度を間違えば大変なことになるので、

自分で作る時にはサイトの信憑性が大切。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • 次亜塩素酸水には、加湿器で使用できる物とできない物がある
  • 次亜塩素酸水は、気化式加湿機と超音波式加湿器には使用することができるが、加熱式の加湿器には使用できない
  • 注意喚起を行っている場合もあるので、念のため加湿器メーカーのHPにて確認した方が良い

 

また、

  • 次亜塩素酸水の作り方はネットなどに公開されているので、自作は可能
  • 次亜塩素酸水は光に弱いため、長期保存ができない
  • 加湿器に使用する際の最適濃度は、50ppm

 

ネットにはさまざまな情報があり、

とても便利ですが間違った情報もたくさんあります。

 

とくに人体への影響があるものに関しては、

信憑性のあるサイトを確認することをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました