カシミヤとウールの違い。暖かさはどちらが上なの?

スポンサーリンク

寒い冬にはマフラーやセーター、

コートなどの暖かい衣類が欠かせないですよね。

 

そんな冬のアイテムで、特に暖かい素材で有名なのが

「カシミヤ」」や「ウール」ですね。

 

オシャレに興味がない人でも、

一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

今年は「カシミヤ」や「ウール」の暖かいセーターの購入を検討しているけど、

そもそも「カシミヤ」と「ウール」の違いって何?という方や、

購入するうえでどちらが暖かいのかを知りたいという方に向けて、

今回は、そんな疑問について解説していきたいと思います。

 

ぜひ、最後まで読んでいってください。

 

スポンサーリンク

カシミヤとウールの違いについて

 

 

「ウール」も「カシミヤ」も、どちらも動物の毛を使用した繊維ですが、

毛をとる動物がそれぞれ違うため、

暖かさや軽さなどの繊維としての質の差や、製品の値段に違いがあります。

 

まずは「ウール」について説明していきます。

 

「ウール」とは、ずばり羊の毛のことです。

 

家畜として育てられた、羊から刈り取られた毛を使用した繊維で、

コットンに並んで大量に消費されている天然の素材です。

 

「ウール」の原産となる羊は、品種改良などが進み、

現在世界で約3,000種程度の羊がいると言われています。

 

その中でも特に「メリノウール」と呼ばれる、

オーストラリアのメリア種の羊からとれる毛は、

「ウール」の中でも最高級品として有名です。

 

 

一方「カシミヤ」とは、インドの北部にあるカシミール地方に生息している、

カシミヤ山羊の毛から生産される繊維のことです。

 

「カシミヤ」は、繊維の王様と呼ばれるほどの高級品です。

 

というのも、「カシミヤ」はカシミヤ山羊の表面の粗い毛ではなく、

その下に生えている細く柔らかい産毛のみを使用した繊維であり、

1頭のカシミヤ山羊から150g~200g程度しか取れないという、貴重なものなのです。

 

スポンサーリンク

カシミヤとウール。暖かさはどちらが上?

 

 

では、「カシミヤ」と「ウール」では、どちらが暖かいのでしょうか?

 

「カシミヤ」は「ウール」に比べ、非常に細い糸を使用しており、

さらに毛の中の空洞も大きいため、特に肌触りが柔らかい繊維です。

 

この繊維の細さがポイントになってきます。

 

暖かさを保つには、冷たい外気に肌が触れないことや、

体温を外に逃がさないことなど、

空気が大きな役割を持っているんです。

 

衣服に使われている繊維が細いほど、繊維同士が複雑に絡み合い、

空気をたくさん服の中に包み込むことができ、暖かさを増してくれるのです。

 

要するに、「ウール」よりも細い繊維である「カシミヤ」は、より暖かい

ということですね。

 

しかし、「ウール」でも、高級品の繊維はかなり細く、

「カシミヤ」に負けず劣らずの品質のものもありますので、

「カシミヤ」か「ウール」で迷ったときは、

お値段や肌触りなども比較して、自分に合ったほうを選ぶようにしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ここまで、「カシミヤ」と「ウール」の違いについて説明いたしました。

 

一般的に「カシミヤ」と「ウール」をお値段で比較すると、

その貴重性から「カシミヤ」のほうが値段は高いです。

 

「ウール」のほうが、価格としては手ごろなものも多いですが、

中には品質の悪い「ウール」を使用した粗悪品もあるので、注意して選びましょう。

 

ちなみに、先の説明でも少し触れましたが、

「カシミヤ」は産毛を使用しているので、非常に軽くて柔らかい肌触りとなっています。

 

保温性と保湿性にも優れていて、

その見た目には上品な光沢感があります。

 

また弾力性もあるので型崩れしにくいため、長年使用することもできます。

 

まさに繊維の王様と呼ばれるに相応しい性能ですよね。

 

ただし、繊細な素材なので、定期的なお手入れが必要なことと、

価格が高いといったデメリットもあります。

 

それに対して「ウール」は、

保温性と保湿性は品質の良いものであれば、

「カシミヤ」にも負けない素晴らしい繊維です。

 

厚みと暖かみもあり、「カシミヤ」と比較すると

リーズナブルな価格で購入することができます。

 

しかし、人によっては肌触りがチクチクと感じたり、

水を含むと縮んでしまったりするといったデメリットもあります。

 

どちらもそれぞれの良さがある自然素材となっていますので、

最後はご自分の目で、自分に合ったものを選んでください。

タイトルとURLをコピーしました