買ったいちじくの食べ頃はどうやって分かるの?見分け方ってある?

スポンサーリンク

買ったいちじくの食べ頃は、どう見分けるのが良いんでしょうか?

 

買ってからすぐは、食べない方が良いものなのか、

それともすぐに食べられるのか、食べ頃の判断がつきにくいもの。

 

そこで今回は、いちじくを買った場合、

食べ頃かどうかの見分け方を、詳しく紹介していきます!

 

いちじくを買った時に、食べ頃なのかどうかの判断をする時の

参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

買ったいちじくの食べ頃を見極めるには…?

 

 

買ったいちじくの食べ頃かどうかを見極めるには、

いちじくを触ったり少し押してみて、硬さを確かめると良いでしょう。

 

というのも、いちじくは、

果肉が柔らかくなっている時が食べ頃のサインなんです。

 

そのため、買ったいちじくを押したり触ったりした時に、

柔らかければ食べ頃なので、皮を剥いて美味しくいただきましょう。

 

ただ、まだまだ全然硬いのでしたら、

そのいちじくは収穫が早かったため、熟れた状態になっておらず、

食べ頃ではありません…。

 

いちじくは、買ったら追熟させることが出来ないフルーツなので、

硬いいちじくはずっと、硬いままになって傷んでいってしまうんですよね…。

 

もし、買ったいちじくが硬かったり、

もしくは食べてみて全然美味しくなかったりしたら、

そのいちじくは生食せずに、ジャムなどに加工して食べたり、

もしくは他のフルーツと一緒にスムージーにしていただくと良いですよ!

 

そうすれば、買ったいちじくが硬い場合であったとしても、安心して消費できます。

 

いちじくって、やっぱり食べ頃を見極めるのが

とても難しいフルーツなんですよ…。

 

基本的に、皮の色がしっかりと濃い赤紫になっていれば、

一見食べ頃のようにも見えますが、

実際は、まだ果肉が硬くて食べてもあまり美味しくない、ということもあるんです。

 

そのため、買ったいちじくが硬かった場合は、

そのまま食べるのではなく、

ジャムやコンポート、そしてスムージーなどにして食べると良いでしょう。

 

触ってみて果肉が柔らかそうだったら、生食してもOKですよ!

 

ということで、皮が赤紫色になっていることに加えて、

しっかり柔らかくなっているいちじくを食べるようにしましょうね。

 

スポンサーリンク

いちじくの食べ頃の見分け方はどうすればいいの?

 

 

いちじくの食べ頃の見分け方は、

先ほども説明したように、皮の色と柔らかさですね。

 

皮がしっかりと濃い赤紫に染まっているだけでなく、

少し触ってみた時に柔らかいという状態になっていれば、そのいちじくは食べ頃です。

 

皮を剥いたら生でそのまま食べても良いし、

チーズなどと合わせて、カプレーゼにして食べても美味しいですよ!

 

ただし、皮にまだ青い部分があったり、

触ってみても硬いのでしたら、食べ頃ではありませんね。

 

いちじくは、収穫後はご家庭で追熟させることが出来ないので、

硬いいちじくは加工するなりして、調理してから食べるようにすべきでしょう。

 

特に硬くて、しかも甘みもないいちじくは、

先ほども説明したように、ジャムにするか

スムージーなどにしてしまうのがおすすめですよ。

 

そうすれば、食べ頃ではないいちじくも、十分に美味しく食べることが出来ます。

 

ただ、スーパーでいちじくを買う時は、

触ったり押したりすることが出来ないので、

極力は皮の色がしっかり赤紫に染まっているかどうかで判断して、

購入すると良いでしょう。

 

確かに、売り物のいちじくは触ったり押したりできませんからね…。

 

買う時はやっぱり皮の色だけで、食べ頃かどうか見分けていくべしです。

 

でも、もし食べ頃でなくても、

加工したりすれば十分に美味しく食べられるので、残念がる必要もありませんよ。

 

いちじくはジャムにしてもすごく美味しいので、

生食できない食べ頃でないものは、

加工してから味を堪能していくようにすると良いでしょう。

 

もちろん、食べ頃のいちじくを買うのが良いので、

スーパーで買う時は、しっかりと皮の色をチェックしておいてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

買ったいちじくが食べ頃かどうか見極めるには、

触って果肉が柔らかくなっているかどうか判断すること。

 

ただし、スーパーなどでいちじくを買う時は、触ることは出来ないので、

皮の色がしっかりと濃い赤紫に染まっているかどうかで、見極めていきましょう。

 

でも、万が一買ったいちじくが食べ頃でなかったとしても、

ジャムなどに加工すれば美味しく食べられるので、安心してくださいね。

 

もちろん果肉が柔らかく食べ頃であれば、生食することは出来ますよ!

タイトルとURLをコピーしました