妊娠中にコーンフレークやチョコフレークを食べても大丈夫なの?

スポンサーリンク

妊娠中にコーンフレークやチョコレークなど、

シリアルを食べても大丈夫なんでしょうか?

 

確かにコーンフレークって、

栄養価が高いから、体に良いような気もします。

 

でも妊娠中でも食べて本当に大丈夫なもの?

 

そこで今回は、妊娠中の女性なら知っておきたい、

コーンフレークやチョコフレークなどは食べてもいいのか、

それともダメなのかについて解説します。

 

スポンサーリンク

妊娠中にコーンフレークを食べても大丈夫?

 

 

基本的に妊娠中であっても、

コーンフレークを食べても大丈夫ですよ!

 

そのため、安心してコーンフレークを食べてくださいね。

 

ただし注意しないといけないのは食べる量

 

朝食にコーンフレークやグラノーラなどのシリアルを、

ごく一般的な普通の量を食べるくらいなら全く問題ありませんが、

何杯もコーンフレークをおかわりするなど、

過剰摂取をしてしまうと、カロリーの摂り過ぎになってしまいます…。

 

そうすると、ただでさえ妊娠中は体重変動がしやすいので、

あっという間に体重が増えてしまったり、肥満になってしまうことがあるんですよね。

 

カロリーの過剰摂取は、

お腹の中の赤ちゃんにもあまり良い影響を与えないので、

くれぐれもコーンフレークは食べ過ぎないようにしましょう。

 

特にビタミンAを過剰摂取してしまうと、

お腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性がある、とされているので、

コーンフレークの成分表をチェックして、

食べ過ぎにはくれぐれも注意してくださいね!

 

普通に朝食として1杯だけ食べる分でしたら、

全く問題ないのでご安心を。

 

でも、なるべくはコーンフレークの成分表などをチェックして、

1日に食べてもいい量をしっかり把握しておくと良いですね!

 

スポンサーリンク

妊娠中にチョコフレークを食べるのはどうなの?

 

 

妊娠中にチョコフレークを食べるのは、あまりおすすめしません。

 

というのも、チョコフレークというのは、

コーンフレークがチョコレートでコーティングされているため、

チョコのカフェインを含んでいるんですよね。

 

妊娠中は、カフェインの摂取を極力抑えた方がいいので、

出来ればチョコフレークは食べないようにするか、

食べてもほんの少量に留めるようにしていきましょう。

 

また、チョコフレークは普通のコーンフレークよりも

更にカロリーが高くなってしまうため、

毎日食べれば、それだけカロリーを多く摂取することになります。

 

すると、肥満にも繋がってしまう可能性があるので、

妊娠中にチョコフレークを食べるのは控えた方が良いでしょう。

 

私の友人も、妊娠中はチョコレートなど

カフェインを含む食べものを控えていたくらいなので、

あなたも出来るだけ、カフェイン入りのものは

摂ることのないようにしてくださいね。

 

やっぱりお腹の中の赤ちゃんの健やかな成長が一番大事!

 

そのためにも、チョコフレークを食べることは我慢して、

代わりに普通のコーンフレークを食べてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、チョコフレークの他にも、

フルーツグラノーラは糖分が多く含まれているので、

やはり食べ過ぎると、肥満や妊娠糖尿病に繋がるリスクがあります。

 

フルーツグラノーラも出来れば食べないようにして、

シンプルなコーンフレークなどを食べていくようにしてくださいね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

妊娠中にコーンフレークは食べてもOKですが、

食べ過ぎは、肥満やビタミンAの過剰摂取に繋がるのでNG!

 

またチョコフレークに関しては、より肥満になりやすいだけでなく、

カフェインを摂取することになってしまうので、極力食べないようにしましょう。

 

妊娠中は、適量のコーンフレークを食べるなどすると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました