妊婦が果物を食べると太るからダメ?妊娠初期にいい果物も紹介!

スポンサーリンク

妊娠した喜びと同時に、

これからの妊娠生活で気をつけなければいけないのが、食生活。

 

普段の食生活で口にしたものが、

お腹の中の赤ちゃんの栄養になっていくわけですから、

今までと同じ食生活でよいのか気になりますよね。

 

特に、カラダによさそうな果物は、積極的に食べたいものです。

 

そこで、妊娠中の女性にオススメの果物は何があるのでしょうか?

 

それとも果物は太るから食べるべきではないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

妊婦に果物を食べさせると太るからダメって本当?

 

 

妊娠すると、個人差はありますが

つわりに悩まされる方も多いと思います。

 

特に妊娠初期は、つわりがツライ時期。

 

つわりの原因は分かっていませんが、

ホルモンの影響ではないかといわれています。

 

そんな時に、さっぱりと食べられる果物なら

口にできるという方も多いのではないでしょうか。

 

では果物を摂取する上で、気をつけたいことは何でしょう?

 

果糖が多く血糖血が上昇しやすい

 

果物には糖分が含まれるものがほとんどであり、

過剰摂取すると太る可能性があります。

 

妊娠中の急激な体重増加は、様々なリスクをもたらします。

 

妊娠糖尿病や、妊娠高血圧症候群など、

赤ちゃんの成長や出産時のリスクが高まってしまうので、

注意が必要です。

 

ヨーグルトに入れるなど工夫して、

血糖値が急に上がらないようにしましょう。

 

残留農薬や食中毒の危険性

 

果物というと、ほとんど生で食すものがほとんどです。

 

その時に気をつけたいのは、

残留農薬と食中毒の原因となるリステリア菌です。

 

農薬はほとんどが水洗いで落ちるので、

食べる前にしっかりと落としましょう。

 

また、火を通さない果物は、リステリア菌に汚染されている可能性があり、

妊娠中に感染すると、お腹の赤ちゃんまで影響する可能性があります。

 

こちらもしっかりと水洗いをし、

できるだけ新鮮なうちに食べきることが大切です。

 

水分が多く体を冷やす

 

特に暑い時期や産地で収穫される果物は、

水分が多く体を冷やす作用があります。

 

冷えは万病のもとと言われますが、

妊娠中は特に気をつけたい症状です。

 

難産や逆子リスクが高まります。

 

もちろん適量を守って食べる分には問題ありません。

 

暑い時期には、冷蔵庫で冷やしたスイカなどが美味しいですが、

あまり大量に摂取しないようにしましょう。

 

しかし、果物にはメリットもたくさんあります。

 

多くのビタミンやミネラル、

妊娠中になりやすい便秘に良いとされる、食物繊維が豊富に含まれています。

 

それでは次に、妊娠初期に積極的に摂りたい果物を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

妊娠初期にいい果物と栄養素おすすめ4選

 

 

妊娠初期には積極的に摂りたい葉酸!

 

妊娠初期は、赤ちゃんの脳や神経といった、

とても大切な部分が形成される時期です。

 

そこで葉酸が大量に必要となり、

不足してしまうと先天異常の可能性が高くなるといわれています。

 

妊娠前と比べて1.8倍も必要となってくるので、

うまく取り入れましょう。

 

葉酸が多く含まれるのは

『いちご』、『グレープフルーツ』、『アボカド』です。

 

妊娠とともに増える血液を補う鉄分

 

お腹の中の赤ちゃんに栄養を届けるために、

お母さんの体は鉄分を必要とします。

 

妊娠前より約2倍もの鉄分を必要としますので、

貧血気味のかたは積極的に摂りましょう。

 

鉄分が多く含まれるのは、

『プルーン』、『桃』、『オレンジ』です。

 

また、ドライフルーツも鉄分が多く含まれていますので、

オススメです。

 

鉄分の吸収を助けるビタミンC

 

妊娠中はシミができやすくなるため、

美肌効果があるビタミンCも取り入れたい栄養素です。

 

また、鉄分の吸収を助ける働きもあるので、

一緒に摂ると吸収率が高くなります。

 

ビタミンCを多く含むのは

『いちご』、『みかん』、『キウイ』です。

 

便秘解消には食物繊維!

 

妊娠中は、ホルモンバランスの変化や、

子宮が大きくなるにつれて腸が圧迫され、便秘になりやすくなります。

 

果物には食物繊維が含まれていますので、

便秘解消に取り入れていきましょう。

 

食物繊維が多く含まれるのは、

『バナナ』、『キウイ』、『りんご』、『イチジク』です。

 

食物繊維は便秘解消だけでなく、

血糖値の急上昇も抑える働きがあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

妊娠中の果物は太る可能性があり、

大量に摂取するのは控えたほうがよいですが、

それ以上に、カラダによい栄養素がたくさん含まれていますので、

上手に取り入れていきたい食材でもあります。

 

もし、間食にお菓子を食べているなら、

それを果物に置き換えてみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました