自分のいびきが聞こえる時や自分のいびきで起きる時、何かいい解決方法はある?

スポンサーリンク

人のいびきは聞いたことあるけれど、

自分のいびきって中々聞くことないですよね。

 

いびきっておじさんがするものでしょ??

 

いいえ。若い男性もいびきはします。

 

10分だけ眠ろうと眠りについて5分後…

 

「グーガー、グーガー…zzz」

 

え!!何の音?!と、飛び起きた!

なんて経験ありませんか?

 

いびきって、寝ている間の意識のない自分から発せられるもので、

いびきをかきたくないな~、と思っていても

止められるものではありません。

 

友達と旅行に行ったとき、彼女とお泊まりのとき、

いびきを聞かれるのが恥ずかしいと思って、躊躇してしまう人もいるのでは??

 

まずは自分のいびきの原因は何なのか…。

 

”知る”ことからはじめてみましょう。

 

スポンサーリンク

自分のいびきが聞こえる…どうすればいい?

 

 

まず、いびきをかきやすい状況を理解し、

誰にでもできる対処法をご紹介します。

 

いびきと言っても、

寝息のように小さい雑音から

自分で聞こえるくらいの大きな雑音まで様々で、

またその原因も様々なんです。

 

いびきは、のどがせまくなって、

息を吸うときにせまくなった部分に空気が通過するため、

のどが振動して音が発せられます。

 

特に眠っている間は、のどの筋肉がゆるむことで、

余計にせまくなってしまいます。

 

  • 肥満の方
  • お酒を飲む方
  • 風邪をひいている方

 

上記の場合は、一時的なものと言えます。

 

いずれも気道がせまくなることが原因なので、

痩せる・飲酒を控える・風邪を治すを実践することで、

いびきは治まる可能性が高いです。

 

  • 花粉症や慢性鼻炎の方

上記の場合は鼻部分の炎症によるもので、

鼻がつまることで口呼吸になってしまい、いびきの原因に。

 

病院で薬を処方してもらうなど、

鼻呼吸がしっかりできる状態で寝ると、改善に期待できます。

 

  • 原因が思い当たらない

肥満でもなければ、飲酒もしない、風邪や花粉症でもない。

 

これが一番やっかいで、、、

対処法がないと自分ではどうしようもないですよね。

 

もちろん耳鼻科を受診することが最善かもしれませんが、

これってなんとなく最終手段な気がしますよね。

 

普段の生活の中で、誰でも実践できる方法をご紹介します。

 

  • 体を横向きにして寝る

仰向けで寝る方が多いと思いますが、

そうすると重力で気道がせまくなってしまうんです。

 

体を横向きにするだけで、気道がせまくなりにくくなります。

 

  • 枕を高くする

気道をせまくなりにくくするには、

枕の下にタオルなどを入れて傾斜をつけましょう。

 

横向きに寝るのが苦手な人は、この方法を試してみてください。

 

  • 就寝時に加湿器を使う

特に冬は部屋が乾燥します。

 

乾燥はいびきを悪化させる原因となります。

 

加湿器を持っていない方は、

寝室に濡らしたタオルをかけておくだけでも効果があるので、

試してみてください。

 

スポンサーリンク

自分のいびきで起きる…ぐっすり眠るにはどうしたらいい?

 

 

自宅で簡単にできる対処法は全部試したけど、ダメだった。

 

いびきで夜中に何回も起きてしまい、ぐっすり眠れない…

朝になっても疲れがまったくとれていない…

と悩んでいる方。

 

こういう方はいびきグッズに頼りましょう!

 

今はドラッグストアなどで簡単に手に入るんです。

 

  • いびき防止リング
  • 顎サポーター
  • 口とじテープ
  • 鼻腔拡張テープ

 

などなど、様々なグッズが購入できます。

 

自分に合ったものを選び、試してみることで、

案外すぐにいびきが治まることもあるみたいです。

 

しかし、これらを試してもまだ改善されない方は、要注意です!!

 

それ、病気の危険信号かもしれません。

 

「睡眠時無呼吸症候群」って聞いたことありませんか?

 

睡眠中に呼吸が止まったりする状態が繰り返されることです。

 

これ、病気なんです。

 

眠りが浅くなることで、日中に眠くなったり、気だるく感じたり、

仕事に集中できなくなります。

 

また、

 

  • 肥厚性鼻炎
  • 副鼻腔炎
  • 鼻茸症

などの病気である可能性も大いに考えられます。

 

聞いたことがないから、身近に感じられないかもしれませんが、

放っておくと大変なんです。

 

悪化させないために、何を試しても治まらない

ひどいいびきにずっと悩んでいる方は、是非病院を受診してみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いびきを恥ずかしいと捉えて、

中々解決できない方が多くいるかもしれません。

 

そんな方にできる対処法をたくさんご紹介したので、

まずは試してみてください。

 

いびきは「周囲に迷惑をかける」かもしれませんが、

それと同時に、あなたの快適な睡眠の時間を奪ってしまうものでもあるんです。

 

一時的なものだと問題ないのですが、

病気の可能性もあるということを忘れないでください。

 

あなたの大切な健康や生活に支障をきたす前に、

できる範囲からしっかり改善していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました