ピーナッツの食べ過ぎで胃もたれで気持ち悪い。食べ過ぎた時の対処法とは?

スポンサーリンク

ピーナッツは食べ過ぎたら危険と、

なんとなく子供の頃からイメージがありました。

 

鼻血が出るとか言われていた気がします(笑)

 

でも、小魚ピーナッツなどのお菓子類では、

私はピーナッツばかり食べてた人なので、典型的なダメな例でした。

 

ピーナッツって、大人でも食べ過ぎはけっこう体の負担になります。

 

胃もたれとか吐き気とか、症状にもかなり現れるのです。

 

しかも、いろいろな味がコーティングされていると、

太る元にもなると言われていますからね。

 

今回の記事では、

ピーナッツの食べ過ぎ、胃もたれ、食べ過ぎた時の対処法を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ピーナッツの食べ過ぎで胃もたれで気持ち悪いんだけど…

 

 

私も経験ありなのですが、ピーナッツの食べ過ぎで、

気持ち悪くて胃もたれして胃が熱いという経験があります。

 

実際、それが起こるのも無理がないという根拠がありますので、説明していきますね。

 

ピーナッツは落花生のことで、マメ類です。

 

そして、健康にいい部分もすごくありますが、

食べ過ぎると負担が大きい食べ物です。

 

まずそもそもカロリーが結構高い。

 

約30粒でごはん1杯分です。

好きな人なら30粒くらい食べられますもんね。

 

一日でも、多くて30粒までにしましょう、と言われています。

 

逆に、カロリーが高いということは熱量が高いということなので、

栄養価もたくさんあるということです。

 

良い点でいえば、食物繊維がたくさん含まれており、

タンパク質も多く含まれているので、生活習慣病予防に役立ってくれます。

 

そのうえ、ビタミンも多いのでアンチエイジングにも良いとされたり、

カルシウムなども多く含まれているため、

学生などの勉強の集中にも良いとされているのです。

 

しかし、ピーナッツに限らずですが、食べ過ぎると良くないこともありますよね。

 

ピーナッツを食べ過ぎると、腹痛、胃痛、胃もたれが起こります。

 

なぜかというと、消化不良を起こすから。

ピーナッツは、消化に時間がかかる食べ物なのです。

 

症状でいえば下痢になる人もいます。

 

それと美容面でいえば、肌荒れを起こす人も少なくありません。

 

カロリーが高いのと脂質もそれなりなので、

そのまま肌荒れに繋がっているわけです。

 

ただ、食べ過ぎると鼻血が出る説などが有名ですが、

これは信ぴょう性もなく、根拠もないようですので、鼻血が出ることはないようです。

 

それとピーナッツで気を付ける事は、アレルギーやカビです。

 

特にアレルギーは、痒み、湿疹、下痢嘔吐という症状が出ます。

 

もし幼少期に発症すると、とても治りづらいということなので、

早めに対処したほうが良いとされています。

 

ピーナッツを食べ過ぎて腹痛になる人は、消化不良を起こしているのです。

 

食べる量を今後ちゃんと考えたほうがよいですね、

美味しく食べても後で辛いのは嫌ですからね。

 

スポンサーリンク

ナッツを食べ過ぎた時の対処法

 

 

ナッツを食べ過ぎた時の対処法を紹介します。

 

要するに、消化不良を起こしている状態だと考えてください。

 

下痢や腹痛が治まるまでは、

まず対処として、冷たいものを飲まない・食べないこと、

冷やすことで胃の運動が弱まりますから、冷えさせないようにしましょう。

 

そして症状がおさまるまでは、

なるべく消化にいい物だけを食べるように心がけてください。

 

下痢などと反対に、便秘になってしまった場合は、

腸のマッサージ運動、水分を摂取しましょう。

 

しかし水分は、常温くらいがよいですね。

 

冷たい物で刺激を与えると、今度は冷えて下痢の可能性も出てきます。

 

そして、それでも辛い場合は、どちらも対処で薬を飲みましょう。

 

下痢なら整腸剤、胃痛は胃薬を飲みましょう。

 

そしてそれでも収まらず、

症状が過激であればアレルギーも考えられますので、

お医者さんで診てもらい、アレルギー検査もしてもらうなど、

今後のことを考えてもよいですね。

 

私も胃痛になると胃が焼けるような感じがします。

 

その時は、胃薬を飲んで温かい飲み物だけにして、

胃にホッカイロを貼って、右のお腹を下にして寝ます。

 

そして痛すぎるときは、うつ伏せになったり、

胃を押さえると少し痛みが和らぐので試したりしています。

 

とにかく、こういう辛い思いもしないように、

適量で食べるなど、量のコントロールをしたほうがよいということです。

 

特に、お酒を飲むときのピーナッツは進んでしまうので要注意です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ピーナッツの食べ過ぎは消化不良を起こし、

腹痛、胃痛、下痢、肌荒れなど様々な症状を引き起こします。

 

もともと栄養価も高いし、カロリーや脂質も高い物です。

 

程よく量をコントロールすれば、

いい面で栄養に役立ってくれるのですが、

食べ過ぎる事で辛い症状にあうこともあります。

 

良い面では、エネルギーになるし、

集中力UPや生活習慣病予防にもなるのです。

アンチエイジング効果も!

 

悪い面では、やはり消化不良での腹痛、下痢、胃痛、

症状が激しければアレルギーも疑われますので注意してください。

 

腹痛や胃痛が治まらない時は、薬に頼り、

なるべく温かい飲み物にして、消化に良い物を食べて症状をおさめていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました