鳥居でお辞儀をしないのはヤバい?お辞儀をする理由・いつから始まったのか調べてみた

スポンサーリンク

神社にお参りに行った際、

鳥居でお辞儀をしないのって、いけないことなんでしょうか?

 

確かに鳥居でお辞儀をするのが、参拝の正しい作法、

というイメージも広がりつつありますね。

 

ただ、本当にお辞儀しないといけないのかは疑問が残るもの。

 

今回は、鳥居でお辞儀しないのはダメなのか、

またお辞儀する理由や、

いつからこの作法が広まったのかを詳しく解説します。

 

スポンサーリンク

鳥居でお辞儀をする理由って何なの?

 

 

鳥居でお辞儀をする理由は、神様への礼儀ですね。

 

これから神様がいらっしゃる神聖な場所にお邪魔します、

という礼儀によって、

鳥居をくぐる前にお辞儀をするものなんですよ!

 

とはいえ、このお辞儀をする理由は、

別に、神道及び神社に限ったことではありません。

 

例えば、他人様のご自宅にお邪魔する際にも、

『失礼します』とか『お邪魔します』などと言って、

お辞儀をすることがありますね。

 

鳥居でお辞儀をするのも、実はそれと同じといえるものなんです。

 

鳥居の前だから、神社だから、

という理由でお辞儀をするのではなく、

礼儀をきちんとわきまえるからこそ、お辞儀をするもの。

 

お辞儀って、そんなに深く理由を考えなくても大丈夫なんですよ!

 

誰かのご自宅に上がる際と同じような感覚で、

鳥居の前でお辞儀をしていくと良いでしょう。

 

ただし、鳥居の前でお辞儀をするのは、絶対ではありません。

 

そもそも、神社によっては、参拝の作法というのは少し異なる場合もあるもの。

 

鳥居でお辞儀をしないからといって、

神様が怒ったり、ご利益を受けられない、ということはないので、

どうか安心してくださいね!

 

どうしても、参拝するときの作法の仕方が分からないときは、

事前に参拝する神社のホームページをチェックしておきましょう。

 

そうすれば、神社ごとの参拝の手順であったり、作法を調べることが出来ますよ。

 

特に、ホームページに何も参拝の作法が記載されていない場合は、

一般的な作法である、『二礼二拍一礼』をすれば問題ありません。

 

日本の神様は特に寛容といわれているので、

鳥居でお辞儀をしない、あるいは、し忘れてしまっても、

天罰がくだされる、なんていうことはないので、どうかご心配なく!

 

私も、以前は鳥居の前でお辞儀をする、

という作法を知らなかったのですが、

別に神社の職員に注意されたり、何か不吉なことが起きるということもなかったです。

 

もちろん、しっかりと神様に

お願い事を聞いていただきたいという場合なら、

鳥居の前でお辞儀をしても良いでしょう。

 

でも、鳥居でお辞儀をするのは絶対ではないものといえます。

 

神社の敷地内では、きちんと神様に対して

不敬にならないように、礼儀正しい立ち居振る舞いをすれば良いので、

お辞儀に関してはしてもしなくてもOKなんです!

 

スポンサーリンク

鳥居でお辞儀をするようになったのって、いつから?

 

 

鳥居でお辞儀をするようになったのはいつからかというと、

実は、いつの間にかお辞儀をするべき、という作法が広まっていたんですよ!

 

一般的な参拝の作法である、『二礼二拍一礼』自体も、

戦後に広まったとされているため、

なんと、そこまで古くからあるしきたりや決まり事ではないのです。

 

『二礼二拍一礼』という作法が広まり、

その後、何年かしてから、

鳥居の前ではお辞儀をすべき、ということが少しずつ広まっていきました。

 

でも実際のところ、鳥居の前でお辞儀をするのって、

日本国民全員に、完全に知れ渡っているワケではありません。

 

先ほども説明したように、

私自身も数年前までは、鳥居でお辞儀をするという作法は知らなかったです。

 

たまたま神社や神道に関する本を読んで、

その時に鳥居の前でお辞儀をすべき、ということを知りました。

 

でも、鳥居の前でお辞儀をするのは、

後付けの作法ともいえるので、いつからか作法として組み込まれていました。

 

後付けの作法なら別段、お辞儀をしなくても神様は怒りませんよね。

 

ということで、

神社ごとの参拝の作法を守れば良いだけなので、

お辞儀しないとしても、気にしなくて大丈夫ですよ。

 

むしろ、神様の方も、

色んな作法を後付けで作られて、困っている可能性もあるので、

きちんと神様に対して、敬いの気持ちとマナーを守った振舞いをすれば良いのです!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

鳥居でお辞儀をするのは、

シンプルに神様に対して、お邪魔しますという礼儀の気持ちを伝える行動。

 

でも、神社によっては参拝の作法なども決まっているし、

鳥居でお辞儀をするのは、

いつの間にか出来ていた後付けの作法なので、別にお辞儀をしなくても大丈夫です。

 

それよりも、神社の敷地内では、

神様に不敬に当たることのないよう、正しい振舞いをきちんとすることが大事!

 

ぜひ参拝の際は、神様へ感謝と敬いの心を持って行きましょうね。

タイトルとURLをコピーしました