おにぎり・おむすび・にぎりめしの違い。方言が関係してる?

スポンサーリンク

おにぎりとおむすびとにぎりめしの違いって、

一体何でしょうか?

 

いずれかは方言なのか、それともどれも標準語なのか、

イマイチよく分かりませんよね…。

 

どれもご飯を固めて作ったもの、

ということに違いはないのでしょうが、

呼び名に違いがあることに、すごく疑問を感じますよね。

 

ということで今回は、

おにぎりとおむすび、そしてにぎりめしの違いを詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

おにぎり・おむすび・にぎりめしの違いって何なの?

 

 

おにぎりとおむすび、そしてにぎりめしの違いは、

ズバリ、呼び方だけ。

 

辞書でも、おにぎりは『にぎりめしやおむすびのこと』と書かれているし、

おむすびは『にぎりめしのこと』と書かれており、

にぎりめしは『握り固めた飯、おにぎりのこと』と書かれています。

 

ということで、この3つには具体的な違いというものはなく、

どれも本質は全く同じもの、同じ食べ物なんですね。

 

ただ、どう呼ぶかという違いがあるだけなんですよ。

 

でも「おにぎり」と呼ぶことがポピュラーな感じがしますよね。

 

確かにパッと三角形に握られて、

海苔を巻かれたご飯を見ると、おにぎりと言いたくなりますし。

 

私はどちらかというと、おむすびと言いたくなってしまうのですが。

 

まぁ呼び方は人それぞれなので、

おにぎりやおむすび、にぎりめしと言っても、大丈夫なんですけれどね。

 

ただ、おにぎりやおむすびの専門店では、

店員さんはおにぎりと言うとか、おむすびと言う場合も多いんですよ。

 

ということは、違いはないけれど、

おにぎりと呼ぶか、おむすびと呼ぶか、にぎりめしと呼ぶかは、

ケースバイケースでもあるんですね。

 

ちなみに童謡の『お弁当の歌』でも、

『おにぎりおにぎりちょいとつめて♪』って、歌っていますね。

 

ということで、やっぱりポピュラーというか、

誰しもが言いやすいのは、おにぎりだということになるのですね。

 

もちろん家庭によってもおにぎりと言うか、おむすびと言うか、

にぎりめしと言うかは異なるでしょう。

 

でも、「にぎりめし」よりも、おにぎりやおむすび、と言った方が、

若干丁寧というか、お上品な感じがしますね。

 

おにぎり、おむすび、にぎりめしって違いはなく、

呼び方だけの問題なので、

これからも呼びやすい方で言うようにすると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

おにぎりとおむすびは方言なの?

 

 

おにぎりやおむすびは方言、ということはありませんが、

やっぱり地域によっては、おにぎりと呼ぶのが定番なのか、

おむすびと呼ぶのが一般的なのかが変わってきます。

 

例えば、近畿地方ではおにぎりと言い、

中部および中国地方ではおむすびという場合が多く、

九州や沖縄では、おにぎりだったり、

にぎりめしだったりと言うことがあるんですよ。

 

こうしてみると、一見おにぎりやおむすびって、方言のようにも感じますが、

関東でもおむすびと言ったり、おにぎりと言ったり、

もちろんにぎりめしと言ったりすることもあります。

 

そのため、やっぱりこの三つの呼び方は、

方言ではなく、人それぞれの言い方によるものなんですね。

 

有名な昔話には『おむすびころりん』というものがありますし、

どう呼ぶかはやっぱりその時と場合によりけり。

 

でも、私はやっぱりおむすび、と呼びたくなるものなんですよね。

 

以前、とあるテレビ番組で、

作ってくれた人と食べる人の心を結ぶから『おむすび』と言うのが良い

という話を聞いたことがあるんです。

 

そう考えると、おむすび、と言った方が

なんだかちょっと、心温まる気がするんです。

 

もちろん、おにぎりと言っても問題ないし、

にぎりめしと言っても間違いではありません。

 

あなたも、おにぎりでもおむすびでも、

そしてにぎりめしでも、言いやすい方で呼ぶようにすればよいと思います。

 

私も今後はおむすび、と呼ぶようにしていきますので、

お好きな呼び方をして、

おにぎりやおむすび、にぎりめしを頂くようにしてくださいね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

おにぎりやおむすび、にぎりめしに違いはなく、どれも全く同じもの。

 

また、おにぎりやおむすびは方言などではありませんが、

地方によってはおにぎりと呼ぶのが定番か、

おむすびと呼ぶのが一般的か、分かれる場合もあります。

 

ということで、

おにぎりでもおむすびでもにぎりめしでも、

言いやすい呼び方で今後も呼ぶと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました