烏龍茶しか飲めない妊婦はどうすればいい?どのくらい飲める?

スポンサーリンク

妊婦になったときには、食べ物や飲み物で、多少制限がかかります。

 

代表的な例がカフェインです。

 

私は無類のコーヒー好きなのですが、

妊婦当時は、ノンカフェインと書いてあるコーヒーにしていました。

 

実際に、妊婦用のいろいろなグッズの販売しているところに行くと、

ノンカフェイン、カフェインの商品が並んでいます。

 

そしてそのカフェインは、

通常に飲むお茶にも含まれている事はご存じかと思います。

 

もともとお茶でも、普段から飲むものっておうちや個人で違いますよね。

 

ウーロン茶のおうちもあれば、麦茶、煎茶、それぞれ好みがあります。

 

それでは通常、ウーロン茶しか飲まない人が妊婦になったとき、

どう対応していけばよいのか?

どれくらいなら飲んでいいのかなどを、今回の記事で紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

妊婦は烏龍茶を飲んだらだめ?飲んでしまったら…?

 

 

妊娠中には、カフェインが全くダメということではなく、

過剰摂取に気を付けることが大切だと言われています。

 

妊娠中には胎盤から胎児へカフェインが流れ、

出生時の低体重に繋がったり、将来の健康リスクが脅かされたり、

そのカフェインが高濃度だと、自然流産の可能性さえあると言われているのです。

 

妊娠中は、血液からカフェインが無くなるまでの時間が、通常より長いのです。

 

つまり体の中に長く滞在してしまう、

だから通常の時より、人体への影響を及ぼす確率が上がると言われています。

 

ですので、妊婦さん自身の母体的にも、

胎盤で繋がっている赤ちゃんにも、悪影響が及ぶ確率が高くなるということです。

 

ここまでカフェインの妊婦さんへの危険度を説明してきましたが、

摂取は厳禁なのかというと、そうではなく、

あくまでも過剰摂取が良くないということなのです。

 

多少の量であれば、問題を引き起こすほどのことは起こりません。

 

だから、妊婦さんが烏龍茶を飲んでしまって焦っている

という状況であっても、大丈夫です。

 

そこまで過剰に摂取していなければ、ほとんどの場合、問題はおきません。

 

烏龍茶を飲んだからといって、心配することはないので安心してください。

 

次の項目で、烏龍茶含めいろんな飲み物に含まれているカフェインの量や、

妊婦さんが摂取してよい量などを説明していきます。

 

スポンサーリンク

妊婦は烏龍茶をどのくらい飲めるの?

 

 

それでは妊婦さんが、

どれくらい烏龍茶を飲んでいいのかを説明していきます。

 

まずは、それぞれ身近な飲み物に含まれるカフェインの量から紹介します。

 

コーヒーは、100ml中に60mg、これを基準値としてみていきましょう。

 

すべて100mlに含まれるカフェイン量で紹介します。

 

紅茶は30mg、煎茶は20mg、烏龍茶は20mgです。

 

コーヒーの三分の一程度で、煎茶と同じくらいです。

 

そして妊婦ではなく、一般成人として

1日400mg以下のカフェイン摂取量が健康への影響はないと言われています。

 

400mgであれば、烏龍茶でいくと、

コップ10杯分はOKということなのです。

 

ペットボトルでいくと、500mlを2本飲めます。

 

これを一つ基準に考えておくと良いかなと感じます。

 

ただ、妊娠中の摂取量に関しては、

なんと日本では基準を設定していないのです。

 

諸外国の設定はあるので、そこを一つの基準とおくしかないと思います。

 

一番真実味があるといわれているのが、

WHO発表でカフェイン一日摂取は、300mg、一日3~4杯とされています。

 

世界各国いろんなところでの基準は、200~300mgの間に設定がある状態です。

 

日本には基準がないので心もとないですが、

WHOを基準に考えておくと安心かなと思います。

 

烏龍茶や麦茶も基本はカフェインを含んでいますが、

コーヒーなどから比べると少量です。

 

それに飲んではいけないと意識しすぎて、

水分不足になることのほうが危険もあります。

 

現代は、カフェインレスのように、

カフェインを減らしたお茶や、

ノンカフェインという商品も出回っていますので、

そういうものを取り入れると安心材料になり得ます。

 

あまり神経質にならず、気を付ける程度にしておいたほうが、

自分自身のストレスにも繋がりかねません。

 

飲んではいけないのではなく、

過剰摂取にならないようにすることを心がけましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

妊婦さんが、烏龍茶を飲んでしまっても問題はありません。

 

カフェインを取ること自体がNGではなく、

過剰に摂取することが人体へのリスクが高まるということです。

 

妊婦の時は通常の時より、血液内にカフェインが滞在する時間が長くなるのです。

 

そのため、胎盤で繋がっている胎児にも

悪影響の可能性もでてくるということですね。

 

悪影響というのは、早産、自然流産、出産後の後遺症などが挙げられています。

 

こういうととても怖いのですが、あくまでも過剰摂取しなければ問題はありません。

 

一日にしてコップ10杯分を限度する、

もしくはノンカフェインやカフェインレスで対応するなどの

工夫をしていくことがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました